せんざい歯科クリニック ブログ

2017年1月28日 土曜日

★今年最初の口腔外科のオペ日

cute昨日は天理市せんざいクリニックの月に一度の口腔外科のオペ日でしたbell






朝一番からhospital午前診を丁寧に淡々とこなすスタッフたちvirgo

そんなスタッフたちに、通院中の患者様からモンシエールの堂島ロールcakeをいただきましたheart01


cake午後のおやつにスタッフみんなでおいしくいただきましたvirgo

bellいつもありがとうございますheart04



cuteさて、hospital午後からは口腔外科の準備をして、夕方5時からの口腔外科のオペに備えますsign01


口腔外科オペの担当は、松本院長と大阪歯科大学同期の口腔外科学講座出身の南暢真(みなみのぶまさ)先生です。



あいかわらず確実で、迅速な手さばきで、淡々とした丁寧なオペですwink


わかりやすく丁寧な説明のあと、水平埋伏智歯、埋伏智歯、半埋伏智歯などの一般的な抜歯手技では抜きづらい難症例の親知らずの抜歯をこなしていきますwink


スタッフたちも口腔外科のサポートは完璧にこなしてくれますwink


院長は今日もオペの術式をカルテにmemopencil記載していきますconfident



歯科衛生士たちも各症例の事前確認と同時に、南先生から外科オペのサポート方法について新しい知識を教えてもらってますvirgo


口腔外科のオペ日は、毎回新しい外科の知識やアシスタントを学ぶ機会を与えてくれます。


毎回、毎日が勉強ですsign01



親知らずなどの難症例を対象に、この「口腔外科の日」にまとめて、痛くないように、腫れないように、怖くないように、ていねいかつ迅速で、確実な外科手技で抜いていくのがせんざい歯科クリニック安心、安全な「口腔外科」のオペ日です。

このように当クリニックの口腔外科の日は歯科医師、歯科衛生士、歯科助手、受付の全員がチームとしててきぱきと診療に携わっていきますsign03



cuteせんざい歯科クリニックでの口腔外科の日におこなう親知らずの抜歯についてですが、基本的には痛みが続いたり、腫れがひどかったりはしませんsign03

なぜなら、南先生が普段おこなっている口腔外科手術や、いままで抜いてきた難症例の親知らずの症例数や症例を考えると、当クリニックで行う月に一度の親知らずの抜歯はまだまだ簡単な部類なんですからgood

口腔外科の専門歯科医師の抜歯手技は迅速で丁寧で、患者さまも安心されてますconfident

とくに口腔外科の専門科を紹介受診されると基本的に平日午前中となることが多いようですが、天理市せんざい歯科クリニック口腔外科の日毎月一回ですが平日の夕方17時以降~20時すぎの最終診療時間までとなりますから、お仕事の都合上、夜間しか通院できない方々には都合がつけやすく、来院しやすいと思いますよhospitalwink




cute「親知らず」ってどういうときに抜くのsign02sign02

one親知らずのまわりの歯肉の腫れや痛みが繰り返されるとき
two物が挟まりやすく、親知らずの前の歯が虫歯になりそうなとき
three歯ブラシが届かずに虫歯になってしまい、治療するにも親知らずの場所が口の奥で治療の器具が入らないとき
four親知らずによって徐々に前歯がドミノ倒しのように押されてきて歯並びに影響がでる場合
five親知らずが上か下かいずれか片方しか生えていない場合で、歯肉を噛んで炎症を繰り返すとき


↑ 上記にあてはまる方はせんざい歯科クリニックに事前にご相談くださいbell




cute次回の口腔外科のオペの日は2月の最終金曜日の17時~21時を予定しておりますvirgo
くれぐれも事前予約にてご確認くださいbell

なお、事前予約についてはこちらのpencilブログをお読みください
(予約制を採用する当クリニックの診療体制について➡http://www.senzai-shika.com/blog/2017/01/post-152-1360336.html




このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 せんざい歯科クリニック

土・日診療!!
(日曜は予約のみ)
当院が初めての方↑↑↑
当院を利用したことのある方↑↑
現在通院中の方↑↑↑
アクセス


大きな地図で見る
〒632-0094
奈良県天理市前栽町71-1

お問い合わせ 詳しくはこちら