せんざい歯科クリニック ブログ

2014年11月27日 木曜日

★せんざい歯科クリニック水族館(後編)

昨日のpencilブログのつづきです。
せんざい歯科クリニック待合室の水草水槽ですpisces

壁のガラス窓からは愛嬌のあるプラチナ・レッドテール・キャットたちが泳ぐ大型水槽ですfish


そしてさらに、、、、

魚たちの目線で待合室を眺めてみると・・・ 


 こんなふうに見えます。
昨日のブログで紹介した赤い
アロワナ(紅蓮=バロウレッド)プラチナ・レッドテール・キャットです。

sign02

魚たちの目線から待合室を見るsign02

そうなんですsign01

実は、、、


一部の患者さまはご存じでしょうが、その裏側はバックヤードになっていますwink(初公開ですbell
バックヤードは待合室の壁水槽の水替えなどのメンテナンスやエサやりをする部屋になってるんです。
待合室とバックヤードは完全に分離して設計されてます。
小さな水族館状態です(笑)coldsweats01

↑ ただいま水換えの真っ最中です。
水換えは、水道水のカルキ(塩素)や有害な重金属を取り除く装置を介して、飼育に最適なPH(ペーハー)の温水を直接数時間かけて循環させる作業ですが、水槽のシステムが全自動でおこなえる設計なので、皆さんのご想像に反してsign02ぜんぜん面倒ではなくてむしろ楽ちんですsign01bleah

 左の壁に並べたtwo本の水槽の天井には採光窓があり、自然の明かりを取り入れる設計のバックヤードには本格的な大型オーバーフロー水槽が左右の壁に合計でfour本あるんです。

leftright camera写真では狭く写りますが、そこそこの広さですwink leftright

 こちらは右の壁の水槽群です。大型水槽がtwo本並べてあります。(奥の2m水槽が待合室から見える水槽です。)
とにかく、いくら水道栓をひねるだけの「全自動の水換えシステム」とはいえ、各水槽が大きいので水換えに要する時間は何時間もかかってしまいますsweat01

     leftright   各水槽の幅は2mなんですsign03   leftright

 水槽が大きいから、中に泳ぐfishは小さくみえるでしょうがsign02じつは、、、

かなり大きなこの神々しく光る白い魚はプラチナ・アリゲーター・ガーパイクといいます。体長90cmで成人の太ももくらいの胴回りがあります。とっても珍しくて超貴重な古代魚なんです。wave海遊館や普通の水族館でもまず見ることはできない激レアたちです。(現在、水槽内にはこの超貴重なfishが全部で3匹います。いずれは1mオーバーになりそうなのでもっと大きな水槽がいるかもsign02

 隣の大型水槽には超炎龍(スラバヤユキスペシャル)という商標名の赤いアロワナがいます。60cmくらいです。

底にはダイヤモンド・ポルカドット・スティングレイという黒と白の派手な模様の淡水のエイたちです
水槽内では何回も赤ちゃんを産んでるペアがいます。直径約50cmはあります。
淡水エイは医院や院長自宅水槽に親エイだけでも6匹いますが、飼育難易度はかなり難しいんですよ★★★

タイミングが良ければ産まれたての赤ちゃんエイが見れますよheart04 ↑
子どもエイの直径は手のひらくらいでめっちゃかわいいですlovely

ちなみにいまは70cmほどあるプラチナ・レッドテール・キャットも、昔は20cmくらいの小さい子供でしたhappy01(右の壁の手前の水槽で数年間育ててました。)      ↓


↓ 上の右側の大型水槽には過背金龍(ペナンゴールド)という商標名の全身が金色のアロワナがいます。50cmくらいです。

同じアジアアロワナでも金色個体と赤色個体の顔アップです。

このようにhospitalバックヤードにあるfour本の各水槽にはいろんなfishが泳いでおり、定期的に引っ越しさせて「待合室からの眺め」を変えていますwink

以上、前回のpencilブログ(前編)にひきつづき脱線ブログでしたが、趣味の追求だけではなく、何事にも、そして日常の歯科治療や知識の追求にもこだわりを持ち続ける一面と、常に天理市のせんざい歯科クリニックを選び通っていただいてる患者さまにとって最善の治療や技術のご提案をしていく姿にも共通する松本院長のこだわりの一面をチラリと紹介させていただきました。前編にひきつづき後編の脱線ブログを長々と読んでいただきましてありがとうございましたconfident

明日の11月28日(金曜日)は月に一度の口腔外科のオペ日です。
次回はまた通常のpencilブログで情報発信をできればと思いますのでよろしくおねがいいたしますbell

このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 せんざい歯科クリニック